免疫力を高めるには食べ物を変えよう【体が欲する栄養成分】

栄養補助食品

肥満や動脈硬化の予防

老人

特徴と摂取による効果

EPAとは、DHAと同じく青魚に多く含まれている不飽和脂肪酸の一種です。不飽和脂肪酸とは、体温で溶けて液状になる性質のある脂肪です。それに対して豚肉などに多く含まれている飽和脂肪酸は、体温では溶けないので、食べると体内に固形となってこびりつきやすいです。そのため摂取しすぎることで肥満や動脈硬化などの原因となってしまうのですが、不飽和脂肪酸にはそれを防ぐ力があります。具体的には、液状となって体内を流れていく過程で、こびりついている飽和脂肪酸をはがして、一緒に排泄されるのです。つまり摂取すれば、肥満や動脈硬化が防がれやすくなるということです。しかしEPAは、体温で溶けるのですから、青魚を加熱調理をするとさらに溶けて、失われてしまいます。そのため摂取するには、生の青魚を食べたりサプリメントを飲んだりすることが必要となります。

血中の飽和脂肪酸を除去

現在では、日々の食事で飽和脂肪酸を多く摂取する人が増えています。それにより、肥満や動脈硬化になったり、そうなることに不安を抱いたりする人もまた、増加しているのです。そのため多くの人が、それらの改善または予防のために、EPAのサプリメントを飲んでいます。不飽和脂肪酸のサプリメントはEPA以外にも多くあるのですが、EPAはその中でも特に、血中の飽和脂肪酸を除去することに長けています。したがって飲むことで血液はサラサラの状態になりますし、それによって全身への栄養補給がスムーズにおこなわれるようになります。すると体中にエネルギーが満ちて、より健康的な状態になったり、美容トラブルが起こりにくくなったりするのです。こういった効果があることからも、EPAのサプリメントは今後一層多くの人に飲まれることになると予想されています。

Copyright© 2015 免疫力を高めるには食べ物を変えよう【体が欲する栄養成分】All Rights Reserved.